おとなフィクションR40G

肉体の変化や変身などの特殊性癖・性倒錯をテーマとしたアダルト小説

※警告※ 未成年者の方、特殊性癖を嫌悪する方はご遠慮下さい。

▼ 「おとなフィクションR40G」へようこそ!

当サイトでは肉体の変化や変身などの特殊性癖、性倒錯をテーマとした、かなり特殊なアダルト小説をお届けしていきます。

具体的には、筋肉の発達、肥満化、巨大化、ふたなり化、男体化など、女性キャラクターの肉体がパワフルな方向へと変化する現象への、フェティッシュな志向となります。
なので、気軽な夜のおかずをお探しの方にはあまり向いてないかもしれません。ご注意下さい。

運営者:古小杖(ここづえ)

さらにくわしい情報をお求めの方は、「このサイトについて」をご覧になって下さい。

▼ 目次

乙女のブートキャンプ

強化バレーボールの全日本選抜選手を目指し、孤島に集められた候補生たちが日夜トレーニングに励む物語です。特殊な方法によって、彼女たちの肉体は驚くべき成長を遂げていきます。
全四話。四名のヒロインたちがそれぞれ特異な肉体の変化を経験します。彼女たちが見舞われた世にもまれな運命の物語。ぜひ読まれてみて下さい。

ジャンル:筋肉 ふたなり 巨体 豊満 巨大女

エ=リコ少尉の帰還

巨人兵器だった美人少尉が、四肢を切断され、子宮いっぱいに瓦礫を詰め込まれた無惨な姿となって敵軍から送り返されてきます。しかし軍も後輩たちも彼女の復活を諦めず、一丸となってケアに励むのでした。
とてもエロに分類されるような作品ではなく、グロテスクな実験作ですが。もしご興味がありましたら読んでみて下さい。2004年頃に別名義にて書きました。

ジャンル:四肢切断 巨大女 被食


▼ご意見・ご感想・ご連絡など

もしありましたら、この記事のコメント覧などもご利用下さい。
  

 鮫島が雄美の頭を抱いて語りかけた。
「オレは、ずっと自分がゲイだと思っていた。しかし……もしかしたら、お前のような女を求めていたのかもしれない。男以上に逞しく、身体と身体、力と力、全力でわかりあえる女を……」
 雄美は鮫島の言葉に黙って耳を傾けていた。すると、ついに告げられたのだ。
「女でもいい。お前が好きだ!」
 まるで奇跡のような瞬間。
「コーチ! わたし……わたし……。嬉しいっ!!」
 雄美は思いっきり抱きつき、鮫島の胸に顔を埋めた。
「強化選手なんかにならなくていい。これ以上お前が大きくなってしまったら、こうして二人で楽しむことなんか出来なくなってしまう。国へ帰ろう。オレと暮らしてくれ」
「え……?」
「絶対、幸せにしてやる!」
 雄美は耳を疑った。しかしどうやら、これは夢ではないようだ。
「は……はい、コーチ!」

 強化選手としての雄美の物語はここで終わる。だが彼女にはこれからまだ、長い長い、べつの物語が用意されているはずだ。
 異色のカップルとして人目を引くことは避けられそうにないが、彼女ならきっと、幸せをつかむことが出来ることだろう。

第4話 鬼頭雄美──片恋〈完〉

<前へ | 次へ>
  

↑このページのトップヘ