おとなフィクションR40G

肉体の変化や変身などの特殊性癖・性倒錯をテーマとしたアダルト小説

※警告※ 未成年者の方、特殊性癖を嫌悪する方はご遠慮下さい。

「コーチ、もうひとつ見ていただきたいものがあります。強化選手の身体がどういうものか、ご存じだと思いますが……」
 雄美は背中に鮫島の体温を感じながらいった。
「うむ……」
 鮫島が両腕の束縛を緩める。
 雄美は正面に向き直り、腰でまとまったドレスを解いて、足下へ落とした。

 勃起した肉根が現れた。
 すでに制御不能なほど興奮しきっており、二十センチを大きく越えるサイズになってしまっていた。太い血管が走り、ドクドクと脈を打ち続ける。
「こ、これは……!?」
「男体化です。これがいまのわたしです」
「男体化は知っているが……。見るのは初めてだ」
 鮫島は無意識のうちに手を伸ばしていた。指先が雄美の亀頭部分に触れる。
「ひあっ!! そこは、敏感なんです。うう……」
 優美は思わず腰を引いてしまっていた。
「ご、ごめん。オレのはそれほどじゃないから」
「はい。本物の男性ではないですから、まったく同じというわけにはいきません。これでも、少しでも男性に近づけるように、必死に身体は鍛えたんですけど……」
「なぜ……?」
 鮫島が問うと、雄美は思い詰めたような顔をしてうつむき、押し黙ってしまった。だが、意を決したように向き直ると、真っ直ぐに鮫島を見つめて告げるのだった。
「コーチが好きだからです。わたし、まだ……。興味がないといわれても、諦めることが出来ませんでした!」
 鮫島は雄美の熱意に圧倒された。だがそれ以前に、下半身がすでにはっきりとした反応を示してしまっていた。
「お前は十分魅力的だ、鬼頭」
「コーチ!」
「オレでいいのか?」
「はいっ……!!」
 雄美の心の奥底から、喜びの感情が止めどもなくあふれ出た。
「だったら……そうだな、オレよりもずいぶんと大きいから。そこに四つん這いになって、尻を上げなさい」
「え……はい」といって雄美は床に両手と膝を突き、下半身を鮫島に向けた。局部が丸出しになるような格好だ。
 下半身にもがっちりと筋肉が付いていたが、締まったウエストから大きなヒップへのラインは、まさに女性特有のものだった。


  

 部屋の幅も天井の高さも通常の倍はあるので、鮫島が個室のドアをくぐると、こびとが迷い込んでしまったかのような有様になった。とはいえ鮫島も一八六センチの長身、実業団のバレーチームで活躍したスポーツマンなのだ。
 しかし部屋の大きさなどに構っている余裕はなかった。カーテンを閉めて向かい合うと、ただ一心に雄美を見つめるばかりだったのだ。
「身体を見せてくれ……。もっとよく見たいんだ」
 真っ直ぐで情熱的な言い方だった。感情を偽ることなど思いもしないタイプの人間なのだろう。
「はい……もちろんです。わたし、コーチに見ていただきたくて、がんばって鍛えました」

 鮫島に背を向け、襟首のフックを外すと、長いドレスはするりと腰まで落ちた。肩幅が広く、大きな筋肉の塊が盛り上がった背中が露わになる。横に一本、ブラの紐がなければ男子ビルダーの背中と見分けることは難しいであろう。
 ブラもいまではあまり意味がなかった。大胸筋が発達して乳房の脂肪が落ちたので、分厚い胸板が盛り上がった状態だ。外すと、大きめの乳首と乳輪が顔をのぞかせた。
 両手で胸を隠し、身体を回らせて鮫島に向かい合った。コーチが異様に興奮して自分を見ているのが、雄美にはわかった。

「て、手を下ろして胸も見せてくれないか?」
 鮫島の言葉がうわずっていた。
「はい……」
 雄美は軽く目を閉じてうつむき、ゆっくりと腕を下ろした。恥ずかしさと緊張感で胸がどきどきと鳴り止まなかった。
「鬼頭……お前、本当に凄いぞ。驚いたな」
 鮫島の言葉が雄美に自信を持たせた。練習のときも試合のときも、つねにそうだったように。
「あ、ありがとうございます。コーチ!」
 この身体を気に入ってくれたのだ。雄美はトレーニングの成果をもっと見てもらいたくなった。
「筋肉も、男の人に負けないくらい付きました。見てください!」
 といって、雄美は両腕を持ち上げ、ゆっくりと力こぶを作っていった。息を止め、握った拳を引き寄せ、上腕二頭筋に渾身の力を込めた。
「んっ……くううううっ!!」
 筋肉が大きく膨れ上がり、パンパンに張りつめる。腕から脇、腹にかけて筋肉の束がひしめいて、圧倒的な上半身の眺めとなった。
 次に、いったん力を緩めて両腕を下ろすと、抱え込むようにして身体に引き寄せ、肩から胸の筋肉を浮き上がらせた。その状態で上半身をひねり、右肩を前に大きく突き出す。
 玉の汗が肌を覆った。全身にパワーがみなぎり、酔いしれるような感情が沸き上がってきた。ボディビルダーを真似て、ニッコリと微笑んでみた。

「最高だ……。この間までは普通の女子の身体だったのに。まるで別人のようだよ」
 鮫島に認められることが何よりも嬉しかった。今度は鍛えた背中も見てもらおう。
 雄美は再び背を向けた。両腕を水平に伸ばし、それから前腕を直角に持ち上げる。その姿勢で力を込め、腕を背後に向けて引っ張った。
 もりもりと背中の筋肉が膨れ上がり、岩肌の重なりのように複雑な紋様を描き出した。息を止めて、そのままの姿勢を保ち続ける。
「鬼頭、す、すまん……! そんなものを見せられてしまったら、オレは……!!」
 背中からがっしりと、鮫島の腕が雄美の身体を抱きしめた。鍛えた腕が、固い胴を捕らえて離さない。
 雄美は感激のあまり泣きだしてしまいそうな気持になった。コーチがこんなにも自分に夢中になってくれるなんて!


  

↑このページのトップヘ