おとなフィクションR40G

肉体の変化や変身などの特殊性癖・性倒錯をテーマとしたアダルト小説

Title:乙女のブートキャンプ > エピローグ

 代謝維持溶液の赤いプールに胸元まで浸かりながら、彼女は司令官の到着を待ちわびていた。身長百メートルを超える肉体は、もはや陸上では生存不可能なサイズとなっていたが、こうして水中に止まれば、比類なきパワーを発揮することが出来た。
「変化」がいち早く訪れた者の多くは急速な邪進化に陥り、ことごとく脱落していった。残ったのは、地道なトレーニングをこつこつと積み重ねてきた者たちだ。
 終盤に至るまで変化のスピードは遅かったが、あるとき一気に、花が咲き誇るように眠っていた能力が目覚め、脱落していった者たちをはるかにしのぐ大きさへと育ったのだ。
(コノ身体ハ……? 強化選手ノ身体デハナイ。ソレヨリモズット大キイ)

 ハッチが開き、機密スーツを着た一団がブリッジを渡ってきた。彼女の頭部付近まで歩み寄り、立ち止まると二つに割れた。
 スーツを着ていても恰幅のよさがわかる男が、中央から進み出た。ブートキャンプの司令官である。
「おめでとう。篠田尚子君。君たち六名が今回の勝利者だ」
 彼女の反応はなかった。ゆっくりと、遠い記憶をたどりながら、沈黙を続ける。
(篠田尚子……。ソウ、ソウイウ名前ダッタ。ソウ呼バレテイタ)
「強化選手というのは、二番手、三番手のグループでしかない。実戦では到底役に立たない。一番手のグループ、君たちが行く場所は、下らないスポーツ大会などではないのだ」
 彼女……尚子だった存在も、自分たちが強化選手のレベルをとっくに超えてしまっていることは、自覚していた。
「何のためにわれわれが莫大な予算を注ぎ込んでいるか、君にはもうわかっているね?」
「ふごごごご……」
 声帯も巨大化しており、人間の音声を発することは難しくなっていた。だが、脳に直結したワイヤーからの信号をチップが捕らえ、伝達することは出来る。彼女たち同士だと、音声でのコミュニケーションをはるかに超えるスピードでの意志疎通が可能であり、戦闘時の指揮命令系統として、抜群の能力を発揮するよう設計されていた。

 篠田尚子と呼ばれていた巨大兵器の脳裏に、一瞬、遠い記憶がよみがえった。
 学校時代の部活動で、顧問やチームメイトたちの前で宣言した場面だ。
(わたし、強化バレーボールの選手になるっ! そして、世界大会に出るの! わたしの夢!)
 幼く微笑ましい夢だ。だが、それがあったからこそ、ここに至ることが出来たのである。けっして忘れるわけにはいかない。
 未来には果てしなく大きなミッションが待ちかまえているが、幼く小さな夢は、きっと彼女を支え続けてくれることであろう。

乙女のブートキャンプ〈完〉


  

ご愛読ありがとうございます。
まずはこの風変わりな物語に最後までおつき合い下さった皆様に厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。感謝に堪えません。

この作品は2014年の春頃にはすでにほとんど完成していたのですが、内容がきわめて特異な点、挿絵を付ける場合の絵柄などで難航し、長くお蔵入りにしていたものです。
いったん後回しにして、そして一度は休止を決めた既存サークル(M-trinity)での同人CG集の作業を先に進めていました。

しかし将来的な私の創作活動を考慮した場合、方向性を知っておいていただいたほうがいいのではないかとの考えから、今回の公開を決めました。
いかがでしたでしょうか?

※※※※※

公開をしてみて、いくつか明らかになったこともありました。

まずは嬉しい誤算として、ネット小説をきちんと読んで下さる読者様が少なからず存在するという事実を、ここで身を持って知ることが出来ました。私自身は紙の本で活字を読むことは多いのですが、あまりPCでは読んでこなかったので、これは予想外でした。
スマホ全盛の時代になって、アダルト小説を楽しみやすくなったという面もあるのかもしれませんね。

しかし見込み違いだった点ももちろんあります。残念ではありますが、このサイトに掲載したタイプの作品については、受け入れがたいと感じられた方もまた、少なからずいらしたようでした。

それらを踏まえ、まず当分の間は周知活動を進めていく必要があるのではないかと考えるようになりました。そのため、今回非公開の予定だった第4話も公開することにした次第です。
長期計画へと軌道修正したほうがよさそうです。当面は作品数を増やし、この傾向を好む方々の目に触れる機会を数多く持つことを優先したいと思います。

とはいえ、小説での創作活動はまだ準備段階のようなところもありまして。本格始動は現在M-trinityにて制作中の同人CG集を完成させて以降を予定しています。
中断が少し長くなるかもしれませんが、またぜひよろしくお願いいたします。

更新情報はTwitterやfeedlyなどでもチェックできます。スマホからアクセスされている方には「読者登録」のアイコンも表示されていますので、こちらもご利用下さい。

当サイトの本格始動後は、小説と、それからAVの紹介記事の二本立てで行きたいと計画してます。せっかくレンタルDVDでAVも見ているのですから、このサイトのテーマに近いものを選りすぐって皆様にお知らせしたいと思います。

※※※※※

さて今回の作品『乙女のブートキャンプ』ですが、将来的には挿絵を付けてDL販売サイトなどで領布したいと考えています。いつになるかはわかりませんが、気に入った方はよろしくお願いいたします。

また、すぐにでも作者に応えたいという方がいらしたら、たとえば私が別名義で運営しているファンティアなどで、1ヶ月だけ会員なるなどして、投げ銭のように利用していただければと思います。
その際「小説を読みました」とメッセージ機能でお知らせして下さると、入会の意図がはっきりわかってモチベーションも上がります。

きゃらめる堂R40G|ファンティア[Fantia]

※※※※※

それではまた、あまり遠くないうちに。
またのご愛読を心よりお待ちしております。


  

↑このページのトップヘ